オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

幼少時代

f0128516_10544234.jpg人は幼少時代の生活環境などによって形成されていく性格って大きいよね。私の実家は両親でガソリンスタンドを経営してまして、小さい頃から土日もなく働いていました。だから、どこかに連れて行ってもらった記憶が殆どありません。家がお店と隣接してたので、よくお店の中で両親と一日中過ごしていました。両親の働く姿を見てたので、どこかに行きたいっ!は絶対言わなかったと思う。(違う?お母さん)いつも両親に気遣って、家のコト手伝ったりもしてたかな。勉強も好きじゃないのに、両親喜ばそうと頑張っていい成績取ってたし。通知表にいつも「傍観者的態度でみんなの輪に入らず意見を言わない。」って。我慢する=自分の意見を言わないとなってしまった幼少時代。しかし、傍観者的態度でいたのでいつもみんなを冷静に見てて、誰が何を思ってるのかやりたいのか気付いてた。その人のために私が言ってあげなきゃ!って気持ちだけは強くて、他人のためには意見できる変な子になってしまった。おかげで?いつも学級委員だった。。。小さいながらいつも何でも我慢してる自分に疑問を抱き、もしや貰われてきた子?と悩んでいたこともありました(笑)
[PR]
by kozyandma | 2009-02-01 14:48 | 日本
<< ワインマガジン トルソッピビンパプ >>