オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

address表記について

f0128516_16531610.jpg
こちらの住所というのは、何々ストリートの何番地という形式です。
なので、通りには全部名前が付いています。
例えば、学校の住所を例にしてみましょう。
120 Currie Street Adelaide South Australia 5000
↑これを日本語にすると、郵便番号5000(こちらは4桁のみ)南オーストラリア州アデレード市
カーリーストリート120番地(マンションだったりすると一番初めに部屋番号が付きます)
建物にはこの120という番号がはっきりと表示してあります。日本の表札を苗字ではなく、番地番号だけにしたというとわかるでしょうか?この番地は、通りを挟んで奇数・偶数によって分かれています。通りの片側が奇数の番地の場合は、反対側が偶数の番地です。
誰にも確認してませんが、Cityに向かって上り方面が偶数で下り方面が奇数かな?
初めて友達の家に行くときは、この方が簡単です!通りさえわかれば、1軒家を確認して番地をたどればいいだけです。2,4,6,8と並んでいる訳です。
いろんな表記の仕方があって、とてもかわいいでしょ♪
[PR]
by kozyandma | 2007-04-18 16:56 | アデレード・オーストラリア
<< 鶏肉のローズマリー焼 お休み5日目 >>