オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

オーストラリアの結婚制度

こんな貴重で素敵な瞬間に立ち会うことができて、私も幸せな気分になれたよ♪
既婚者の私には縁のないお話ですけど、せっかくの体験なので結婚制度について書きますね。
f0128516_20222043.jpg

オーストラリアでは、18歳(親の承諾と裁判所の許可があれば16歳)以上で結婚できる。配偶者は18歳以上じゃなきゃダメだよ。日本じゃ、婚姻届だけ出す人増えているけど、こちらではそれは許されない。“式”を挙げないといけない!!

結婚式の形態には2タイプ(宗教婚・民間婚)があります。
宗教婚・・・各宗教の儀式による挙式で、式を執り行えるのは法的に司祭のみ。
民間婚・・・自分たちの好きな場所でMarriage Celebrant(結婚執行官)によって執り行われる。
結婚の手続き
挙式予定日の1カ月と1日前までにNotice of Intended Marriage(婚姻希望通知書?)を提出。挙式の際、立会人2名が必要で司祭や執行官から証明書をもらって登記所に提出して晴れて夫婦となります。

このカップルさんが挙式を行った場所は、Births Deaths and Marriages Registration Office(登記所)に併設された式場。$185で借りられます(執行官代は別途)。かおるさんが式を挙げたXX年前は$80だったらしい。ホント、素敵でした。二人でずっと手をつないで、執行官がいう言葉を復唱(もちろん英語)し指輪の交換をしキスをし署名。シンプルなほど幸せとは何なのか感じれるのではないでしょうか。この後、場所を移して軽くお酒や食事をして歓談されたそうです。
いつまでもお幸せに♪祝v(^O^)v祝♪

こちらでは、ご祝儀としてお金をあげるのではなく新郎新婦が欲しいものリストを作って、お友達はそのリスト内から買ってプレゼントするのが一般的。電化製品が多いようです。やっぱ現実的なモノになりますよね(笑)それと、カードは定番として渡すそうです。かおるさんもせっせと書いておりました。
日本にいるまだ未婚の友よ、急がずに素敵なパートナー探して。その際には、航空券付きで招待状ください(笑)
[PR]
by kozyandma | 2007-10-04 20:35 | アデレード・オーストラリア
<< 勝手に現場監理 Term3のお休み6日目 >>