オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

ワインがつくられる工程

f0128516_2064222.jpg
頑張って収穫したブドウたちは、気温が高いこともありまだCrashしないとSoshiが言ってました。でも、他のブドウたちは早朝からCrash作業に入っているというのでこれまたお願いしてChanshinと2人で見学させてもらいました。

収穫したブドウはまず、除梗破砕(じょこうはさい)作業を行います。房から梗(果粒のついている枝)を取り除きます。その粒だけをホースで吸い上げて大きなタンク?に一時保存して一次発酵させます。1タンクは5トンだったかな?その後、タンク下部から果汁を抜き出し、上部の果帽(皮)はショベルでかき出しします。(このお兄さんかなりかっこよかった♪Chanshinもチェック済!)
それらを搾汁機に移してゆっくりと搾ります。ブドウの濃厚な甘い匂いが充満してました。
今が一番忙しい時期で長居して迷惑かけてもいけないので、見学はここまで。

ワインができるまでの詳しい工程を知りたい方は、
小畑暁・赤尾誠二の挑戦!ブドウ栽培とワイン醸造をご覧下さいませ。
[PR]
by kozyandma | 2008-03-10 20:44 | アデレード・オーストラリア
<< 伸びきった髪 Vintage season ... >>