オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

Japanese Jockey "Kosuke Kawakami"

f0128516_191962.jpg彼は、オーストラリア唯一の日本人ジャンプジョッキー。日本の高校を卒業、渡豪し7年目だけど、日本にいたころきちんと乗馬とか習っていたわけじゃないんだって。家族旅行で毎年行く場所に馬がいてなんとな~く慣れ親しんでいただけなのに、いつの間にか障害競馬の魅力に取り付かれ今に至るそうです。とても危険で怪我が多いけど、障害を跳ぶ瞬間の人馬一体の感覚は乗ったことのある人にしかわからない、快感があるそうな。

Oakbankレースの補足を彼のmixiよりコピーさせてもらいます。
約7万人の観衆が集まったこのレースはWarrnamboolのGrand Annualと並んでオーストラリアを代表するSA州最大、
4950mの長丁場を3つの大丸太を含む24本の大障害を乗り越えて競う最も過酷な障害レース。賞金$166000のグレートイースタンスティープルチェイス。1着の馬は圧倒的な差でゴール、2着の馬とは最後まで激しい叩き合いになりクビ差でやぶれてしまったKosuke。相棒だった
William of Ozは10歳馬にして大障害初挑戦ながら良く頑張ったんだよ。
見事な3着です!!

日本人が全くいない世界で一人頑張る約10歳年下の彼はとっても眩しいです~★'゚。.*#:・'゚☆~
夢は豪州馬で中山グランドジャンプ参戦! その時は私も帰国し、中山競馬場に行きますよ。
あなたからたくさんエネルギーをもらいました。
テレビや新聞チェックして応援してますよ!←今度からちゃんとチェックするね。
Thanks a million, Kosuke!
(左中写真は、新聞に掲載されたものを使用しています)
[PR]
by kozyandma | 2008-03-26 19:30 | アデレード・オーストラリア
<< Finger food 最近の住宅 >>