オーストラリア移住計画~まずはアデレードより’07

カテゴリ:料理・・・日本へ( 15 )

鶏軟骨入りだんご鍋

日本はハフハフしながら食べる料理がおいしい季節になっていますかね?もうみんな鍋食べ始めてますか?!久々に料理紹介です。
我が家では、もつの味噌煮込み同様よく作ったこの鶏軟骨入りだんご鍋。
作り方ちょっと忘れてかけてますけど。。。軟骨のコリコリがおいしいのよね~♪
f0128516_19562286.jpg
<だんごの材料>
鶏挽き肉、豚挽き肉、鶏軟骨、しいたけ、たまねぎ、春雨、たまご、しょうが、
にんにく、塩、酒、しょうゆ、白ごま、
ごま油

キャベツ、水菜、薄揚げ
水、塩、酒、しょうゆ

1.しいたけとたまねぎは、みじん切りに。  春雨は茹でて適当な長さに切ります。
  しょうがとにんにくは、すりおろします。  ↑我が家はチューブ。鶏軟骨は、少し  粗めにミキサーにかけます。
2.だんごの材料をボールに入れて、よく  こねましょう。
3.キャベツは大きめに切ります。薄揚げ  も適当な大きさにカット
4.鍋に水、塩、酒、しょうゆを入れて、沸  騰したら2のだんごダネをスプーンで適  量ずつ入れていきます。
5.4の鍋にキャベツと薄揚げを入れます。
6.食べる直前に水菜を入れます。
7.薬味はポン酢、ゆずこしょう、ごまだれなどお好みで。

だんごダネは、いくつかに分けて調味料に変化を持たせても楽しい。カレー粉入りや、一味入りなど。鍋のだしがよくわからない人は、市販品の鍋のもと?みたいなパック入りだしでもOKだよ。
[PR]
by kozyandma | 2007-10-27 20:22 | 料理・・・日本へ

簡単おつまみ トマトサラダと棒々鶏

蒸し蒸しする日が続いてますか?ビールを飲みながら、夏本番を待ちましょう♪
どちらも料理といえるものではありませんが、簡単でおいしいですよ。

f0128516_17332699.jpgトマトサラダ
トマト・たまねぎ・大葉
フレンチドレッシング(透明のもの)

上記の4つがベストマッチです!
1.トマトをスライスします。
2.たまねぎは薄くスライス。辛いのが苦  手な方は、スライスしてしばらく水につ  けて水けを絞ります。
3.大葉は、丸めてせん切りにします。
4.1~4を器に盛り、食べる直前にフレン  チドレッシングをかけます。

f0128516_17335531.jpg棒々鶏
鶏胸肉もしくはもも肉・きゅうり

<調味料1>
白ゴマ・しょうゆ・白だし・味噌・砂糖
<調味料2>
塩・日本酒

1.鶏肉は、超簡単!鶏肉の温麺・冷麺を  参照ください。鶏肉が冷めたら、スライ  スします。
2.きゅうりは、千切りにします。
3.すり鉢で白ゴマを擂ります。(お好みの細かさで)すり鉢に白ごま以外の調味料1を入れてよく  合わせます。味をみてそれぞれの量を調整してください。本当は、白練りゴマを使うと簡単です  が、我が家ではあまり使わないので購入せず白ゴマを擂るだけです。でも、擂りたての香りは  とてもよいし、おいしいタレになります!
[PR]
by kozyandma | 2007-07-03 17:37 | 料理・・・日本へ

麻婆茄子とゴーヤチャンプル

日本では夏野菜が出始めているかな?夏野菜といえば、我が家では茄子、ゴーヤ、みょうが、トマト、きゅうりをよく食べる。おつまみにもなるし、おかずにもなる2品を紹介します。ゴーヤチャンプルの写真が不味そうで申し訳ない。。。こちらにゴーヤは、あるのかな?!

f0128516_12111674.jpg麻婆茄子
豚ひき肉、ナス、ピーマン(緑・赤)、にんじん、白ネギ
<調味料1>
土ショウガ、ニンニク、豆板醤(チューブで可)
<調味料2>
酒、砂糖、鶏ガラスープの素、水
<調味料3>
しょうゆ、みそ、オイスターソース
<水溶き片栗>
片栗粉、水
サラダ油、ゴマ油

1.ナスは適当な大きさに切って、塩水に  放ちあく抜きをする。その間に、白ネギ  はみじん切り。ピーマン、にんじんも適  当な大きさに切る。ここで、ナスをザル  に上げて水気を拭き取っておく。
2.調味料1の土ショウガとニンニクは、それぞれみじん切りにする。
  (それぞれチューブならそのままで簡単!)
3.調味料3は、よく混ぜておく。
4.フライパンにサラダ油とごま油を同量ずつを入れ熱したら、調味料1を入れて香りが立ったら挽  き肉を入れます。(チューブの場合にはすぐにひき肉も入れる)
5.肉に火が通ったら、1のナス、にんじんを炒め合わせ、調味料2を加えます。
6.にんじんに火が通ったら、ピーマンを加え、煮立ったら水溶き片栗粉を回しいれ、すばやく絡め  ます。とろみがついたら、香り付けにごま油を加え、完成です!
我が家では、これにキャベツのせん切りを添えていました。


ゴーヤチャンプル
ゴーヤ、木綿豆腐、豚バラ肉、たまご、かつおぶし
<調味料>
塩、こしょう、しょうゆ、サラダ油、だし汁(ほんだし+水)

1.ゴーヤは縦半分に切り、スプーンで種とワタを取り除き、横に薄切りにし水にさらす。(苦味が   好きなら一瞬だけ浸す。苦手なら塩で揉み3分放置し、沸騰したお湯に30秒ほど茹でます)
2.豚バラ肉は長さ3cmに切り、塩・こしょう・サラダ油をからめておく。卵は割りほぐしておく。
  木綿豆腐はキッチンペーパー等に包んで水きりし(我が家は面倒でしません)、適当な大きさ   に切っておく。
3.フライパンを熱し、2の豚バラ肉をほぐし炒めて、お肉に火が通ったら、ゴーヤを加えて炒め合   せる。
4.豆腐を加えてサッと炒め合せます。
  (お箸でつつくと豆腐が崩れるので、フライパンをゆする程度)
5.だし汁としょゆを加え、全体に炒め合わせたら、溶き卵をまわし入れ、卵が半熟になったら完   成です!
6.器に盛ったら、かつお節をたっぷりかけていただきます♪
[PR]
by kozyandma | 2007-06-10 12:17 | 料理・・・日本へ

簡単おつまみ 小松菜とえのきのおひたし

ビールがおいしい季節になってきた日本に向けて要望の高かったおつまみを今後紹介していきます。1回目なのでウルトラ簡単な1品(料理とは言えないかも)、小松菜とえのきのおひたし。
きんきんに冷やして食べればよりおいしいです!

f0128516_14111633.jpg小松菜(もしくは、青梗菜)
えのき(もしくは、しめじ)
薄揚げ(なくてもよいです)

<調味料>
白だし、水、白ゴマ

1.小松菜(青梗菜)は、大きな鍋で茹で  ます。←気持ち固めでOKです。
  その茹汁で、えのきも軽く茹でます。
2.1を水にとり、しっかりと水けを切りま   す。
3.2を4~5cm長さに切り、ボウルに入  れて白だしで合え、白ゴマを加えます。←白だしは、   しょっぱいので水を少し加えながら味をみます。白だしの入れすぎに注意いましょう!
4.薄揚げを入れる場合には、フライパンなどでちょっと焦げ目をつける程度に焼き、1cm幅ぐらい  に切り、3のボウルに追加します。
5.ボウルのまま、冷蔵庫で冷やし味をなじませます。

食べる直前にかつおぶしをふりかけてもよいでしょう。

この写真のメインは、秋刀魚のお刺身です。旬の時期の秋刀魚は、脂がのっていて最高においしいっ!そして安いし、さばくのも簡単なんです!(今は時期ではないで省略します)

えのきはこちらの韓国や中国系ショップで買えますが、日本で100円以下のものが$3以上します。えのき大好きな私でも、買えませんっ!!しめじは、見たことがありません。。。
[PR]
by kozyandma | 2007-05-19 14:15 | 料理・・・日本へ

かきあげとそうめん

もう東京では半袖でもOKな日もあるのでしょうかね?暑くなってくると食べたくなるのは、やはりそうめん!で、我が家ではお取り寄せのそうめん「半田めん」がありました。ひやむぎより太く、うどんより細い不思議な麺です。他には、揖保の糸や佐藤養助商店のうどんも大好き♪
麺のお供に欠かせないのが、ゆずこしょうと万能ねぎ、白ゴマ、みょうが、そしてかき揚げです。
今日はこのかき揚げのレシピを。たまねぎの甘さが最高です!

f0128516_21261366.jpgたまねぎ、三つ葉(もしくは春菊)
乾燥桜えび
(この写真のかき揚げはにんじん入り)

<調味料>
小麦粉、卵、冷水(←この3つの割合がわからない方は市販のてんぷら粉でやりましょう!)
揚げ油

1.三つ葉(もしくは春菊)は、3~5cm程  度に切り、たまねぎは薄くスライス。
2.揚げ油を中温(衣液が鍋底近くまで沈んで、すぐに浮いてくる程度)になるまで火にかけます。
3.ボウルに卵と冷水、小麦粉を加えさっくり混ぜ合わせる。
4.他のボウルに1の三つ葉とたまねぎ、桜えびを入れて混ぜ合わせます。そこに、3を入れて    ざっくり混ぜます。
5.2の油の中におたまもしくは木べらですくった4を入れます。菜箸などで形を整えましょう。
  途中、裏返しながらカラリと揚げます。

残った衣で、ししとうや大葉も揚げれば贅沢っ!
揚げ物をやったことがある人でないとちょっとわかり辛いレシピですみません。
旦那さんは去年はまって一緒に何回か作ったから大丈夫かな??
[PR]
by kozyandma | 2007-05-17 21:34 | 料理・・・日本へ

趣味のパン作り

f0128516_11581634.jpg
初めてパンを作ったのは、24~25歳のころだったかな?できたてのパンっておいしいよね~って思い、本を買ってきて作る。が、大変。。。で、まずはピザ生地を作ってみるとこれがうまい!その頃設計事務所で働いていた私のお給料では、ド○ノピザなどのピザは高くて買う気にならなかったこともあり、手作りピザにハマリ同じ職種の貧乏友達らとよく食べました。その頃取引先の石屋さんにその話をしたら、こねる台用に素敵な大理石をいただきどんどんはまっていきました。それから数年後パン教室に通いパン生地について理解することもでき、アレンジパンを作れるようになりました。毎日仕事で晩ご飯が食べれず空腹で辛かったので、パンを作っていきみなさんで食べて深夜まで頑張ったものです。私のパンは手ごねなので、こちらに来てからも作ろうと思ってましたが、家のオーブンのいろんなボタンがありすぎて理解できず。。。パンが作れるまで時間がかかりそうです。できたてハフハフして食べるのがおいしいのにな~♪
[PR]
by kozyandma | 2007-05-12 12:01 | 料理・・・日本へ

超簡単!鶏肉の温麺・冷麺

鶏の塩だしが大好きで、さっぱり味なこともあり夜遅くに帰宅したときには、ササッと作って食べましたよ。夜食やお酒の後、食欲のないときにもいいかも♪

f0128516_22181422.jpg鶏もも肉(さっぱりめは、鶏胸肉)、
万能ねぎ、温泉たまご、
乾麺(そうめんやうどん、春雨などお好み)

<調味料>
塩・こしょう・酒・しょうゆ・白ごま

1.鶏肉にフォークで数箇所さして火の    通りをよくして、両面に塩をふります。
2.耐熱皿に1の鶏肉を入れ、軽く酒をふ  ります。きちんとラップをして5~8分程  度電子レンジで加熱。
3.この間に乾麺を茹でます。
4.2の鶏肉は、薄くスライスしておきます。スープは使うから捨てないで!!
5.鶏肉から出たスープを鍋に移し、水を足して火にかけます。味をみながら、塩・こしょう・酒・しょ  うゆを加えて味を調えます。
6・冷たくして食べたい方は、3の麺と4の鶏肉、5のスープをそれぞれ冷やしておきましょう!麺と  スープをどんぶりに移し、4の鶏肉と万能ねぎ、温泉たまご、白ごまを盛り付けて完成!

私のお勧めは、半分食べたところで柚子こしょうを入れます。また、違った味になりおいしいっ!!
[PR]
by kozyandma | 2007-04-23 22:22 | 料理・・・日本へ

鶏肉のローズマリー焼

これは、今までで一番簡単です!ただ焼くだけですから。以前働いていた会社の社長であり、私の大学の教授である方の奥様から伝授していただきました。

f0128516_20421212.jpg鶏肉(もも肉、もしくは手羽先、手羽中)と一緒に焼きたい野菜(旬野菜を使おう!)
新じゃがの季節には、まるごと(上の写真)。他にズッキーニ、しいたけなどのきのこ類、トマト、にんじん、たまねぎ他

<調味料>
ローズマリー(乾燥でも生でもOK)、ニンニク、塩、ブラックペッパー、オリーブオイル、レモン(お好みで)
キッチンペーパー

1.もも肉を使用する場合には、火の通り  をよくするためフォークで数箇所さしま  す。お弁当用の時は一口大に切りま   すが、焼きあがってから切ったほうがう  まみが逃げずによいです!
2.ニンニクは薄くスライスするか、すりお  ろします。鶏肉にニンニク、塩、ブラック  ペッパー、ローズマリーをよくすり込ま  せます。20~30分くらい常温で寝か  せます。
3.その間に一緒に焼く野菜をカットし、塩・こしょうする。
4.天板にキッチンペーパーを敷き、鶏肉(皮目を上にして)と野菜を並べ、約200℃で20~30分  焼きます。表面がカリッとしたら完成です。
5.最後にカットし、好みでレモンを絞ります。

もも肉は驚くほど油がでるので、最新のオーブンで油を落とすやつ使うといいかもね♪
オーブンが無い場合はフライパンでもOKですが、焦げやすいので注意しましょう。半分ほど焼けたら、白ワインを少し加えて蓋をし蒸す感じにするとよいかも。
こちらでは、庭にローズマリーが植えてある家がたくさんあります。この前生垣になっている家を発見!体にもとっても良いんだよね~♪
[PR]
by kozyandma | 2007-04-18 20:54 | 料理・・・日本へ

頑張ってます!

f0128516_21192468.jpg「料理・・・日本へ」のカテゴリは、以前にも書いたかもしれませんが日本にいる旦那さんのために書いております。今まで食べてきたものを自分で作って食べれるように。。。
このブログでは、私のことについての記事がメインですが、その陰には旦那さんの支えがあります。なので、私は彼の体のことをとても心配しています。
しかし、その心配も無用みたいw(゚д゚* )w
お休みの日に、まとめて作っていますよと写真が届きました。私が日本においてきた、たくさんのお料理本を見ながら作ったらしい、「豚汁」と「豚肉と大根の煮物」。豚汁は一度にたくさんの野菜が食べれるからいいよ(^-^)w 料理の腕もかなり上がったね。ご飯も一度にたくさん炊いて小分け冷凍しています。頑張って続けてください♪でも、食べすぎには注意です!
[PR]
by kozyandma | 2007-04-09 21:31 | 料理・・・日本へ

西京漬

アデレードに来るまで、海の側だから魚がたくさん食べられる!と喜んでいた私。。。実際は食べれません!魚がいない訳ではなく、需要と供給の関係で魚の値段が高いらしい。こちらの魚の殆んどはメルボルン方面産。鮭は、1キロ$15~20するので絶対に食べれません!!私は海の側で育ち近所の人から魚をもらうことも多く、幼少時よりお刺し身が一番の大好物。魚なしの生活は私には辛すぎる~。買えないけど、買い物に行くとついつい一目会いに出かけてしまう。
と、いう訳で今回の料理は私にはかなり辛い西京漬の説明を。今回はサーモンで作っていますが、金目鯛やムツなどなどなんでもOKです。絶対に塩漬けの魚は使用しないでください!

f0128516_20551433.jpg<材料>
鮭・金目鯛・ムツ・銀鱈・鰆などなどの魚全般(または豚肉、鶏肉などの肉全般でもOK!野菜もOKだと思うけど、試したことがありません。)・ガーゼ

<調味料>
酒・みりん(各同量)・西京味噌

1.材料はきちんと洗ってから、十分に水  分を拭き取りましょう。
2.調味料を混ぜて、扱いやすい固さの   ペースト状にします。
3.材料をガーゼに包み、2の中に入れま  んべんなく味噌を塗り2~3日冷蔵庫   に入れねかせます。空気が入らない   ように味噌にラップをします。
4.3から出して、グリルなどで焼くだけ。  焦げやすいので火力には注意しましょ  う!

数回は、2の味噌を使うことができます。ガーゼがない方は、なしでもOKです。我が家はガーゼなしで作ってました。みりんのかわりに、はちみつでもOK。3の状態で冷凍しておくことも可能ですよ。これまたご飯がすすむクンです。
[PR]
by kozyandma | 2007-04-05 21:02 | 料理・・・日本へ